10月18-28日、U-35展@大阪に出展します

来月10/18-28、大阪で開催される建築展「Under 35 Architects exhibition 2019」に出展します。
そして10/21(月)夜18:30から、講演会を会場で開催します。
《「工作」、あるいは”わざわざ”と読んでみる「技術」》という題で、インドのコルカタ・シャンティニケタンでの新たな計画を中心に話したいと思っています。

(入場料1000円かかりますが、たくさん入場券持っていますのでご連絡いただければお渡しします(郵送でお送りもできます)。
なお、講演会申し込みは下記サイト内で事前予約制とのこと)。
https://u35.aaf.ac/

展示でもこの計画を出展します。
タゴールはもちろんですが、宮沢賢治の存在が深く関わる計画です。シャンティニケタンの建築家Milon Dutta氏と共同で。
また、
・インド-日本の間の往還
・道具/家具作り
・学校を作ること
といったいくつかの活動が組み合わさるかたちで、計画を進めています。(展示では、「道具・家・芝居・学校」の4つの括りの相関図として表す予定)

先日開催した「荒れ地のなかスタジオ/In-Field Studio」https://infieldstudio.net/ での鋳造試行/部品生産の実験も、もちろん、このインドの計画に絡まっていく。

ぜひお越しください。
講演会の日(21日)以外も、会期中は関西の方に滞在している予定なので、お越しいただける方、ぜひご連絡ください。

I will join an exhibition, Under 35 Architects Exhibition 2019, held in Osaka, Japan in this October! I will show a new project in Kolkata and Santiniketan, India.


Under 35 Architects exhibition 2019
35歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2019)
【会  期】
2019年10月18日(金)~28日(月) 12:00~20:00 ※最終日は18:00閉館
【展覧会場】
大阪駅・中央北口前 うめきたシップホール(〒530-0011大阪市北区大深町4-1うめきた広場)
https://u35.aaf.ac/