KOROGARO / kengo sato / 佐藤 研吾

Chairs for re-seizing the ground 一度、大地を眺め見るための座椅子

DSC_2011

DSC_2019

DSC_2017

DSC_2021

DSC_2022

DSC_2023

DSC_2020

「Chairs for re-seizing the ground 一度、大地を眺め見るための座椅子」

-その1
木材、柿渋、黒板塗料 / W500 D700 H1300 / 2017

-その2
木材、柿渋、黒板塗料 / W500 D800 H1500 / 2017

制作:佐藤研吾


交易拠点としての都市が平地あるいは海沿いに発生し、近代以降、郊外宅地が周囲の山間農村の起伏ある土地を下敷きに開発されたことは、日本における都市の発展過程として至極自然である。それは近代的な計画原理が、自然という人間世界の周縁を席巻したとみることもできるが、実際の郊外を眺めれば、決して単一原理で貫徹されていない、微細だが多様な、既存の大地と計画学のイデーが錯綜した風景が立ち現れている。まるで凸凹の下地に塗られたペンキのように、無造作で乱暴で荒々しく、それでいてある種の洗練さをまとったその表面は、これからの私たちの生活への構想の射程を確かめるための格好の実験場ともなろう。今回の椅子は、自分の真下の地面に向い、ひとまず潜沈からの上昇を計るための工作物である。


//////////////////////////////////////
美術展『ニュー・フラット・フィールド』

美術展『ニュー・フラット・フィールド』

会期:2017年11月11日(土)〜11月12日(日)
会場:デジタルハリウッド大学八王子制作スタジオ(旧三本松小学校)
開場時間:11:30 – 19:00
入場料:無料

主催:NEWTOWN制作委員会(CINRA.NET、PONY CANYON、DUM DUM)
展覧会ディレクション:石井友人、中島晴矢、原田裕規
「虹の彼方」企画構成:石井友人
「仮留めの地」企画構成:佐々木友輔
「愛憎の風景」企画構成:中島晴矢・原田裕規
会場構成協力:佐藤研吾、帆苅祥太郎
展覧会グラフィック:仲村健太郎
参加作家・登壇者:石井友人、地理人(今和泉隆行)、関優花、かつしかけいた、Candy Factory Projects、小林健太、小林のりお、佐々木友輔、佐藤研吾、篠原雅武、筒井宏樹、中島晴矢、原田裕規、門眞妙、山根秀信

//////////////////////////////////////

コメントを残す

CAPTCHA