Text 文章

建築の話2

中島晴矢の展示「ペネローペの境界」を観た。 中島晴矢 個展「ペネローペの境界」[ 6/26 (fry) – 7/12 (sun) ] 展示について、気になったことを書いてみる。 展示の始めに「walk this way」

/

建築の話2

中島晴矢の展示「ペネローペの境界」を観た。 中島晴矢 個展「ペネローペの境界」[ 6/26 (fry) – 7/12 (sun) ] 展示について、気になったことを書いてみる。 展示の始めに「walk this way」

/

地図の話2

一枚の衝撃的なドローイングがある。 オーストリアの建築家、ヴァルター・ピッヒラーの「Building on the Side of the Gable」と題されたドローイングである(※1)。このドローイングを実はここ数年

/

地図の話2

一枚の衝撃的なドローイングがある。 オーストリアの建築家、ヴァルター・ピッヒラーの「Building on the Side of the Gable」と題されたドローイングである(※1)。このドローイングを実はここ数年

/

建築の話1

映画「野のユリ」を観た。 「野のユリ」での、黒人の旅人・”シュミット”の礼拝堂建設は、日々凡庸に暮らす民衆たちの埋もれた信仰を浮上させる一つの出来事であった。独力での完成を夢見るシュミットの姿が、町の人々それぞれの内なる

/

建築の話1

映画「野のユリ」を観た。 「野のユリ」での、黒人の旅人・”シュミット”の礼拝堂建設は、日々凡庸に暮らす民衆たちの埋もれた信仰を浮上させる一つの出来事であった。独力での完成を夢見るシュミットの姿が、町の人々それぞれの内なる

/

地図の話1

建築家・大江宏のノートに、「世界地図」、とくに地中海の輪郭と地勢を描いた図がある。それを掲載した、たしか2年ほど前の、法政大学建築学科内の研究者の有志が編集したパンフレットである(※1)。それがいま手元にある。実はこのパ

/

地図の話1

建築家・大江宏のノートに、「世界地図」、とくに地中海の輪郭と地勢を描いた図がある。それを掲載した、たしか2年ほど前の、法政大学建築学科内の研究者の有志が編集したパンフレットである(※1)。それがいま手元にある。実はこのパ

/

森の話1

アパートメントの起源はローマとも言われているが、現代の産業革命以降の労働者階級の都市部への人口集中に対応すべく発展した大量住宅供給のためのビルディングタイプの延長であろう。都市は田舎者の集まりである、はよく言う常套句であ

/

森の話1

アパートメントの起源はローマとも言われているが、現代の産業革命以降の労働者階級の都市部への人口集中に対応すべく発展した大量住宅供給のためのビルディングタイプの延長であろう。都市は田舎者の集まりである、はよく言う常套句であ

/

140718 剣持れい(日に令)が投げかけていた微細な民衆像の粗型について (YSEMINAR)

神奈川県川崎市郊外の小高い丘の上に建つH邸は、建ってから既に50年弱の時間が過ぎている。今のその住宅は、まったくもって周囲の住宅地の風景の中に溶け込んでいた。前庭は立派な生垣と芝生が整えられ、H邸の文字通り骨格である4本

/

140718 剣持れい(日に令)が投げかけていた微細な民衆像の粗型について (YSEMINAR)

神奈川県川崎市郊外の小高い丘の上に建つH邸は、建ってから既に50年弱の時間が過ぎている。今のその住宅は、まったくもって周囲の住宅地の風景の中に溶け込んでいた。前庭は立派な生垣と芝生が整えられ、H邸の文字通り骨格である4本

/

140526 Pinoleville Pomo Nation Living Culture Center計画案とその周辺について(Xゼミ・作家作品批評 06)

  計画概要(※) 計 画 地 アメリカ合衆国カリフォルニア州ユカイヤ 主要用途 地域文化複合施設 構  造 鉄筋コンクリート造、一部木造 階  数 地上1階、一部2階 敷地面積 25723.15㎡ 建築面積 

/

140526 Pinoleville Pomo Nation Living Culture Center計画案とその周辺について(Xゼミ・作家作品批評 06)

  計画概要(※) 計 画 地 アメリカ合衆国カリフォルニア州ユカイヤ 主要用途 地域文化複合施設 構  造 鉄筋コンクリート造、一部木造 階  数 地上1階、一部2階 敷地面積 25723.15㎡ 建築面積 

/

Xゼミナール 第2信 伊豆・松崎町、建築複合体に関わるマテリアルについて2012/11/27

http://www.kai-workshop.com/Xseminar/Xseminar.cgi?move=201211 佐藤研吾  2012年11月27日(火) 十月三十日にサイト上に投稿した小論「伊豆・松崎町、牛原

/

Xゼミナール 第2信 伊豆・松崎町、建築複合体に関わるマテリアルについて2012/11/27

http://www.kai-workshop.com/Xseminar/Xseminar.cgi?move=201211 佐藤研吾  2012年11月27日(火) 十月三十日にサイト上に投稿した小論「伊豆・松崎町、牛原

/