171210 Santiniketan

ニランジャンさんといろいろ設えについて話し合う。とりあえず、作るものをここにメモしておく。1、日本から持ってきた座椅子につける座面
2、床の間の棚
3、長い座机
4、吹き抜けの木造架構+階段手すり
・・・

/

171210 Santiniketan

ニランジャンさんといろいろ設えについて話し合う。とりあえず、作るものをここにメモしておく。1、日本から持ってきた座椅子につける座面
2、床の間の棚
3、長い座机
4、吹き抜けの木造架構+階段手すり
・・・

/

171209-2 Santiniketan

9日夜、Bolpur Stationに到着する。 日本から持ってきた家具の一部と、自分の祖父母の家にあった桐箪笥を解体して得た古めかしい引き戸を見せる。早速この家具の古部品をどこで使ったらいいかの話し合いになる。Nilanajanさんは自分で家具を設計してしまうくらいでもあり、ものすごく多くのアイデアをもらう。それに負けじと即時返答して、こちらもアイデアを繰り出す。それにつれて木製家具の配置、および「心」の大文字の位置、扇風機の配置の話にもなる。深夜1時まで議論は続いた。けれどもここで折れてはいけない、と頭を振り絞り続ける。話し合いで折れたら一体なにをしにはるばるここまで来たのか分からないことになってしまうからだ。まだまだこれからであるが、いくつかの方向性が見えてきたし、話しているうちにこの空間の様相が少しずつ感じ取れてきた。

/

171209-2 Santiniketan

9日夜、Bolpur Stationに到着する。 日本から持ってきた家具の一部と、自分の祖父母の家にあった桐箪笥を解体して得た古めかしい引き戸を見せる。早速この家具の古部品をどこで使ったらいいかの話し合いになる。Nilanajanさんは自分で家具を設計してしまうくらいでもあり、ものすごく多くのアイデアをもらう。それに負けじと即時返答して、こちらもアイデアを繰り出す。それにつれて木製家具の配置、および「心」の大文字の位置、扇風機の配置の話にもなる。深夜1時まで議論は続いた。けれどもここで折れてはいけない、と頭を振り絞り続ける。話し合いで折れたら一体なにをしにはるばるここまで来たのか分からないことになってしまうからだ。まだまだこれからであるが、いくつかの方向性が見えてきたし、話しているうちにこの空間の様相が少しずつ感じ取れてきた。

/

171209-1 Kolkata

9日の昼前ごろ、ようやくインド・コルカタにたどりつく。コルカタまでの渡航の間、シャンティニケタンでのこれからの家作りをさてどうしようかと悶々と考えつつも、先日福島の大玉村で測定してきた、既存民家屋内外の空間放射線量のデータを整理していた。未明の昆明で現地にいる林剛平に送付した。続いて、期日まで間もないある助成金の申請書を作る。その空間線量測定とその成果を考慮した歓藍社の新たな拠点づくりのための作業である。来年度からも大玉での時間をつくろうともしているので、その準備でもある。

/

171209-1 Kolkata

9日の昼前ごろ、ようやくインド・コルカタにたどりつく。コルカタまでの渡航の間、シャンティニケタンでのこれからの家作りをさてどうしようかと悶々と考えつつも、先日福島の大玉村で測定してきた、既存民家屋内外の空間放射線量のデータを整理していた。未明の昆明で現地にいる林剛平に送付した。続いて、期日まで間もないある助成金の申請書を作る。その空間線量測定とその成果を考慮した歓藍社の新たな拠点づくりのための作業である。来年度からも大玉での時間をつくろうともしているので、その準備でもある。

/

BUoY 北千住アートセンター

(2017 / Renovation project / Design & Construction)
Function: Theater, Cafe, Gallery, Art studio
Design: Kengo Sato
Construction (Second term): Kengo Sato + Kazuhiro Aoshima
Cooperation: Sayuri Hashimoto
Special thanks: Rika Ebihara and more
Size: 2F-600m2、B1F-300m2

/

BUoY 北千住アートセンター

(2017 / Renovation project / Design & Construction)
Function: Theater, Cafe, Gallery, Art studio
Design: Kengo Sato
Construction (Second term): Kengo Sato + Kazuhiro Aoshima
Cooperation: Sayuri Hashimoto
Special thanks: Rika Ebihara and more
Size: 2F-600m2、B1F-300m2

/

Stand for Dripping / コーヒードリップのためのスタンド

BUoY北千住アートセンター内BUoY Cafeで制作したコーヒーのためのスタンド。

/

Stand for Dripping / コーヒードリップのためのスタンド

BUoY北千住アートセンター内BUoY Cafeで制作したコーヒーのためのスタンド。

/

Furniture from Japan to Santiniketan / 日本からシャンティニケタンへ送る家具

‘Project in Santiniketan / インド・シャンティニケタンに同志を募って家を作りに行く’のためにこの家具を制作した。どの家具も備える一辺200mm-300mm程度の小箱は、日本-インド間の輸送時にはある種の贈りものとしての梱包に用いるものである。写真の状態は未だ不完全な形である。インド・シャンティニケタンへ分解して持って行き、現地の部材がドッキングするための余白を残している。2017年の冬、まずは小さな椅子の原形を持って行く。

/

Furniture from Japan to Santiniketan / 日本からシャンティニケタンへ送る家具

‘Project in Santiniketan / インド・シャンティニケタンに同志を募って家を作りに行く’のためにこの家具を制作した。どの家具も備える一辺200mm-300mm程度の小箱は、日本-インド間の輸送時にはある種の贈りものとしての梱包に用いるものである。写真の状態は未だ不完全な形である。インド・シャンティニケタンへ分解して持って行き、現地の部材がドッキングするための余白を残している。2017年の冬、まずは小さな椅子の原形を持って行く。

/

Project in Santiniketan インド・シャンティニケタンへ同志を募って家を作りに行く / India

インド・シャンティニケタンでの建築。日本とインド の間を巡る私たちの旅を一つの物語として建築の中に架構してみようと考え、友人である日本の大工らも誘い、共にイ ンドの現地に行って滞在し、家づくりをやろうとなった。

/

Project in Santiniketan インド・シャンティニケタンへ同志を募って家を作りに行く / India

インド・シャンティニケタンでの建築。日本とインド の間を巡る私たちの旅を一つの物語として建築の中に架構してみようと考え、友人である日本の大工らも誘い、共にイ ンドの現地に行って滞在し、家づくりをやろうとなった。

/

Chairs for re-seizing the ground 一度、大地を眺め見るための座椅子

交易拠点としての都市が平地あるいは海沿いに発生し、近代以降、郊外宅地が周囲の山間農村の起伏ある土地を下敷きに開発されたことは、日本における都市の発展過程として至極自然である・・・

/

Chairs for re-seizing the ground 一度、大地を眺め見るための座椅子

交易拠点としての都市が平地あるいは海沿いに発生し、近代以降、郊外宅地が周囲の山間農村の起伏ある土地を下敷きに開発されたことは、日本における都市の発展過程として至極自然である・・・

/

“外連国小洒落日本”打合せ録2

今回は特に劇場の正面ファサードの計画について。 やはり机に向かって取り合えず線を描いてみるとだんだんとそのアイデアが連鎖的に生まれ出てもくる。プレゼンテーションで提出した絵はここにはまだ上げることはできないのでここではど

/

“外連国小洒落日本”打合せ録2

今回は特に劇場の正面ファサードの計画について。 やはり机に向かって取り合えず線を描いてみるとだんだんとそのアイデアが連鎖的に生まれ出てもくる。プレゼンテーションで提出した絵はここにはまだ上げることはできないのでここではど

/

“外連国小洒落日本”打合せ録

「外連国小洒落日本」 COOL JAPAN VARIETY BANG

ディレクター・シナリオ = 高平哲郎

大阪城下での劇場づくりがいよいよ本格的になってきました。

そのダイジェストの細部をこれから報告していきたいと思います。

/

“外連国小洒落日本”打合せ録

「外連国小洒落日本」 COOL JAPAN VARIETY BANG

ディレクター・シナリオ = 高平哲郎

大阪城下での劇場づくりがいよいよ本格的になってきました。

そのダイジェストの細部をこれから報告していきたいと思います。

/

北千住Buoyから「家」について (小文)

最近ようやくと言ってもいいほどノンビリと、東京での幾つかの仕事が動き始めた。北千住のBuoyのアートセンターの改修では、工務店にお願いしている壁立てが終わったところから幾つかの建具工事をする。・・・

/

北千住Buoyから「家」について (小文)

最近ようやくと言ってもいいほどノンビリと、東京での幾つかの仕事が動き始めた。北千住のBuoyのアートセンターの改修では、工務店にお願いしている壁立てが終わったところから幾つかの建具工事をする。・・・

/

Buoy / Kitasenju 北千住

東京・北千住の改修

/

Buoy / Kitasenju 北千住

東京・北千住の改修

/

In-Field Studio / India

  In-Field Studio 2017 in Santiniketan from kengo sato on Vimeo.   http://infieldstudio.net/ In-Fiel

/

In-Field Studio / India

  In-Field Studio 2017 in Santiniketan from kengo sato on Vimeo.   http://infieldstudio.net/ In-Fiel

/

Ryoseiguyu 両性具有

什器の制作。
花を生ける行為が主役で、花器があり、その花器が載る什器。建築のように内部を作るのではないですが、本尊を納める厨子があり、そのさらに外側に厨子を守る鞘堂があるという関係とやることは同じだろうと

/

Ryoseiguyu 両性具有

什器の制作。
花を生ける行為が主役で、花器があり、その花器が載る什器。建築のように内部を作るのではないですが、本尊を納める厨子があり、そのさらに外側に厨子を守る鞘堂があるという関係とやることは同じだろうと

/

歓藍社 Kanransha

http://kanran-sha.net/ ■歓藍社とは 「大玉村で藍を育ててみよう」という呼びかけによって集まった、農業、建築、デザイン、服飾、工芸、生態学など様々な専門性を持ったメンバーからなる団体です。福島県大玉

/

歓藍社 Kanransha

http://kanran-sha.net/ ■歓藍社とは 「大玉村で藍を育ててみよう」という呼びかけによって集まった、農業、建築、デザイン、服飾、工芸、生態学など様々な専門性を持ったメンバーからなる団体です。福島県大玉

/

170429 Lhasa

「今問者が言葉を発すると同時に左の足を高く揚げ、左右の手を上下向い合わせに拡げて、その手を拍つ拍子に足を激しく地に打ちつける。その勢いは地獄の蓋も破れようかという勢いをもってやらなくてはならんというのであります。またその拍った手の響きは、三千大千世界の悪魔の胆をこの文珠の智恵の一声で驚破する程の勢いを示さなければならんと、・・」

/

170429 Lhasa

「今問者が言葉を発すると同時に左の足を高く揚げ、左右の手を上下向い合わせに拡げて、その手を拍つ拍子に足を激しく地に打ちつける。その勢いは地獄の蓋も破れようかという勢いをもってやらなくてはならんというのであります。またその拍った手の響きは、三千大千世界の悪魔の胆をこの文珠の智恵の一声で驚破する程の勢いを示さなければならんと、・・」

/

170428 Lhasa

170428 明け方まだ外は真っ暗ななか目がさめる。寝台車の寝床はなかなかに具合が良ろしく、うまく眠れた。外は強風吹き荒れる雪景色のようであった。標高はいつのまにかかなり高そうだ。聞けば深夜の車内では気圧と酸素濃度を調整

/

170428 Lhasa

170428 明け方まだ外は真っ暗ななか目がさめる。寝台車の寝床はなかなかに具合が良ろしく、うまく眠れた。外は強風吹き荒れる雪景色のようであった。標高はいつのまにかかなり高そうだ。聞けば深夜の車内では気圧と酸素濃度を調整

/